ザガーロとは? AGA治療と副作用の関係!

ザガーロは1型と2型を抑制することから広い範囲のAGAタイプ

写真

また、AGAに特化した専門病院では、高いノウハウと治験データベースから患者一人一人に合った方針で医師の診断の下等薬物治療が行われ、ザガーロやプロペシアが処方されます。 従来から使用されるプロペシアはザガーロよりも早く認可を受けAGA治療に用いられてきましたが、プロペシアの場合還元酵素である5αリダクターゼの2型抑制のみでありながら、ザガーロは1型と2型を抑制することから広い範囲のAGAタイプに対応した治療薬となります。 薬物投与で心配となるのが副作用です。 副作用は薬物療法にはつきもので、患部への主作用を高めるために用いられる薬剤が血液にて体中に運び込まれ、様々な不具合をきたします。 副作用は悪いものとしてとらわれがちですが、ザガーロそのものが前立腺疾患を治す目的として用いられたのですが、その副作用として服用した多くの患者に発毛が確認されたという経緯があり、副産物として考えられるのです。 また、主作用を:高めるために副作用の出方を診て副作用のみを抑えることが必要となり、副作用も時にはデータとして医師にとって重要な情報となるのです。

写真
■薬剤に含まれる成分であるデュタステリド
■ザガーロは1型と2型を抑制することから広い範囲のAGAタイプ
■ホルモンバランスの変化から乳房女性化や性機能障害